医師が宮城の農業に転職するメリットとデメリット

医師が宮城の農業に転職すると、家族が理解を示してくれる、身体が健康的になりご飯が美味しいなどがメリットです。


おそらくですが、医師が宮城の農業に転職をしたのは、退職を兼ねてのことと想定されます。
転職したいと医師が家族に話せば最初は難色を示しますが、医師には定年がないと説得すれば承諾してくれます。それに長年勤めていた場合は宮城の病院を離れる際に、高額な退職金を頂くことが可能です。

そのお金があれば、しばらくの間は生活に不自由はしないです。



あと、宮城内で農地を耕す作業をしていると、自然とご飯が美味しいと感じられるようになります。



農業は肉体労働に近い部分もあることから身体が疲れるので、ご飯を普段よりも美味しく食べられるのは自然の流れです。



それに沢山の自然に覆われている地域なので、身体全体を使って農作業をしていると、肺に新鮮な空気が入るので健康的になっていきます。

デメリットは転職直後はすぐに筋肉痛になる、手に職がないので何をすればいいのかわかりにくいなどです。
医師をしていた頃は身体をあまり動かさなかったため、運動不足なのは仕方がないことです。


ですが、頑張って農作業をしていれば身体が慣れてくるので、筋肉痛になりにくくなります。


また、農業を開始した直後は、何をすればいいのかわからないと思われます。

なので新規就農をする前に、農家のパート求人に応募して働き始めるといいです。経験者が仕事を教えてくれるので、手に職をつけることができます。